注目されるnlpとは|最新の心理学として名を馳せる

需要が高まっている職業

カウンセリング

言語聴覚士は、言葉でコミュニケーションをスムーズに取れない人をサポートする職業です。大学を卒業後、専門の学校に通い、一年に一回行われる国家試験で合格すれば、言語聴覚士になれます。結婚、出産後も働けるので、女性に大人気です。

More Detail

福祉社会を支える資格

女の人

人間が生活する為に必要な会話や飲食、この重要な機能に問題がある人を支えるのが「言語聴覚士」です。活躍の場も、病院や福祉の現場のみならず、学校や保健の現場でもこれからますます活躍が期待されています。子供のことばの遅れなどの発達障害に対応出来るのも言語聴覚士なのです。

More Detail

新しい心理学のnlp

男女

人の心の性質や集団・社会の傾向を調べたりそれに対処したりする学問として心理学が挙げられ、近年では比較的新しい心理学のnlpというものが注目されています。nlpとは神経言語プログラミングの英名の略称で、海外では企業における社員のメンタルヘルスを健康に保つために使われています。最近では日本に正式な協会が設立されたこともあり、nlpとはどのような心理学でどのような場面で役立つのかについての認識が国内でも深まりつつあります。また、ビジネスや日常におけるメンタルヘルスの管理だけでなく、医療における活用が示唆されていることからnlpとは何かということを知りたい臨床心理士も多いです。以上のように、nlpとは比較的最近発展してきた心理学で、ビジネスや医療など様々な場面でメンタルヘルスの管理に応用されています。

神経言語プログラミングと呼ばれるnlpは、米国の研究所を本拠地としながら各国で盛んに研究や技術の指導が行われています。日本では米国公認の協会が一つしかなく、資格の授与やセミナーの開催は協会の認定を得ていることが必須条件となっています。nlp関連の資格の特徴として、ただ単に理論を学んだということの証明だけでなく、資格取得によってクライアントにコーチングと呼ばれるカウンセリングができるということがあります。コーチングは対話によって相手の本来の願望を引き出し、それが叶うようにクライアントの意識を少しずつ改善していくという手法です。以上のように、協会から資格が受け取れてコーチングの提供が可能になるnlpとは、非常に実践的な心理学の一つと言えます。

社会福祉を知らない人にも

勉強する人

社会福祉を必要としている人のために、相談援助を行っていくのが社会福祉士の仕事になります。相談援助業務には、法律や制度など専門的な知識が新潟でも必要になってきていて、社会福祉の業務全体を把握しておくことが重要になってきます。

More Detail