福祉社会を支える資格|注目されるnlpとは|最新の心理学として名を馳せる

注目されるnlpとは|最新の心理学として名を馳せる

福祉社会を支える資格

女の人

話す・聞く・食べるのプロ

日本の福祉社会を支える仕事に就いてみませんか。人間が生きる為に必要な「話す・聞く・食べる」のスペシャリストと言えるのが「言語聴覚士」です。病気や障害などによりコミュニケーション機能に問題があったり、物を飲み込む嚥下機能などに問題のある患者さんのサポートをし、一日も早い社会復帰の手伝いをします。言語聴覚士が対応する主な症状は、話す・聞く・言葉を思い出しにくくなる「失語症」や、舌の動きが悪くなりロレツが回らなくなる「運動性構音障害」、声が出にくい「吃音音声障害」、言葉が聞き取りにくくなる「聴覚障害」、飲み込むのが難しくなる「嚥下障害」などの障害となります。生活に密着した機能の回復を担うのが言語聴覚士なのです。

人の役に立ちたいなら

言語聴覚士は理学療法士や社会福祉士とならぶ、医療福祉の現場で活躍出来る国家資格です。「人の役に立つ仕事がしたい」と思ったら、福祉の世界に飛び込んでみませんか。資格を取得するにはまず専門の勉強が必要です。大学・短大・専修学校などに進学し受験資格を取得しましょう。学校での勉強を生かし国家試験を通過すれば見事資格取得です。医療は勿論、教育・保健・福祉・行政・民間企業など幅広い分野で活躍する事が出来るのが言語聴覚士なのです。特に活躍が期待されるのが「学校」の現場です。昨今児童の発達障害が問題視されていますが、「ことばの遅れ」などの障害は早期の対応がとても重要と言えます。子供達の健やかな成長の為にも学校側の積極的な対応が必要となるのです。